スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←Who Killed Cock Robin?(だれが駒鳥を殺したの?) →名前の無い宝石たち
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png hanycafe
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 日記
  • 【Who Killed Cock Robin?(だれが駒鳥を殺したの?)】へ
  • 【名前の無い宝石たち】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

子どもたちの「かすれた声」

132ページ

 ←Who Killed Cock Robin?(だれが駒鳥を殺したの?) →名前の無い宝石たち
ですから「キレる」子どもたちと向き合うためには、子どもの「侵入自己」をあくまでも「異物」だと認識して、それと闘っていく姿勢を保っていかなければいけないと思います。

132p 4行~6行 

侵入自己は、親が繰り返し発してきた「呪いの言葉」が子どもの中に内在化したものです。
~~略~~
子どもを一生涯にわたってずっと縛っていく強力な呪い、文字通りの「呪縛」だと言うべきでしょう。
子どもは「お前は罪だ」「お前は迷惑だ」「お前は生きる価値がない」「お前を許さない」というメッセージを、親の行動のはしばしから受け取って、本当にそうだと信じ込んで生きて行くのです。

312p 8行~13行


 


子どもたちの「かすれた声」
長谷川博一著
日本評論社
1999年12月30日第一版第三刷発行


もくじ  3kaku_s_L.png hanycafe
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 日記
  • 【Who Killed Cock Robin?(だれが駒鳥を殺したの?)】へ
  • 【名前の無い宝石たち】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 
  • 【Who Killed Cock Robin?(だれが駒鳥を殺したの?)】へ
  • 【名前の無い宝石たち】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。