スポンサー広告

スポンサーサイト

 →132ページ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png hanycafe
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 日記
  • 【132ページ】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

日記

Who Killed Cock Robin?(だれが駒鳥を殺したの?)

 →132ページ



Who killed Cock Robin



Who killed Cock Robin?

I, said the Sparrow,

with my bow and arrow,

I killed Cock Robin.



Who saw him die?

I, said the Fly,

with my little eye,

I saw him die.



Who caught his blood?

I, said the Fish,

with my little dish,

I caught his blood.



Who'll make the shroud?

I, said the Beetle,

with my thread and needle,

I'll make the shroud.



Who'll dig his grave?

I, said the Owl,

with my pick and shovel,

I'll dig his grave.



Who'll be the parson?

I, said the Rook,

with my little book,

I'll be the parson.



Who'll be the clerk?

I, said the Lark,

if it's not in the dark,

I'll be the clerk.



Who'll carry the link?

I, said the Linnet,

I'll fetch it in a minute,

I'll carry the link.



Who'll be chief mourner?

I, said the Dove,

I mourn for my love,

I'll be chief mourner.



Who'll carry the coffin?

I, said the Kite,

if it's not through the night,

I'll carry the coffin.



Who'll bear the pall?

We, said the Wren,

both the cock and the hen,

We'll bear the pall.



Who'll sing a psalm?

I, said the Thrush,

as she sat on a bush,

I'll sing a psalm.



Who'll toll the bell?

I said the bull,

because I can pull,

I'll toll the bell.



All the birds of the air

fell a-sighing and a-sobbing,

when they heard the bell toll

for poor Cock Robin.






「駒鳥のお葬式」



誰が殺した 駒鳥の雄を

それは私よ スズメがそう言った

私の弓で 私の矢羽で

私が殺した 駒鳥の雄を



誰が見つけた 死んだのを見つけた

それは私よ ハエがそう言った

私の眼で 小さな眼で

私が見つけた その死骸見つけた



誰が取ったか その血を取ったか

それは私よ 魚がそう言った

私の皿に 小さな皿に

私が取ったよ その血を取ったよ



誰が作るか 死装束を作るか

それは私よ カブトムシがそう言った

私の糸で 私の針で

私が作ろう 死装束を作ろう



誰が掘るか お墓の穴を

それは私よ フクロウがそう言った

私のシャベルで 小さなシャベルで

私が掘ろうよ お墓の穴を



誰がなるか 司祭になるか

それは私よ ミヤマガラスがそう言った

私の聖書で 小さな聖書で

私がなろうぞ 司祭になろうぞ



誰がなるか 付き人になるか

それは私よ ヒバリがそう言った

暗くなって しまわぬならば

私がなろうぞ 付き人になろうぞ



誰が運ぶか 松明(たいまつ)を運ぶか

それは私よ ヒワがそう言った

すぐに戻って 取り出してきて

私が運ぼう 松明を運ぼう



誰が立つか 喪主に立つか

それは私よ ハトがそう言った

愛するひとを 悼んでいる

私が立とうよ 喪主に立とうよ



誰が担ぐか 棺を担ぐか

それは私よ トビがそう言った

夜を徹してで ないならば

私が担ごう 棺を担ごう



誰が運ぶか 棺覆いを運ぶか

それは私よ ミソサザイがそう言った

私と妻の 夫婦二人で

私が運ぼう 棺覆いを運ぼう



誰が歌うか 賛美歌を歌うか

それは私よ ツグミがそう言った

藪の木々の 上にとまって

私が歌おう 賛美歌を歌おう



誰が鳴らすか 鐘を鳴らすか

それは私よ 雄牛がそう言った

私は引ける 力がござる

私が鳴らそう 鐘を鳴らそう



空の上から 全ての小鳥が

ためいきついたり すすり泣いたり

みんなが聞いた 鳴り出す鐘を

かわいそうな駒鳥の お葬式の鐘を 







クックロビン@wikipedia

この詩は、マザーグース。
マザーグースとは、有名な英国の伝承童謡の総称である。
または、特定はされないがイギリスの田舎の女性作家たちのことを指す。
または、イギリスの馴染み深いナーサリーライム (Nursery Rhymes,童謡・わらべ歌)の事を指す。

日本の「かごめかごめ」のようなどことなく怖い雰囲気があります。
音読すると、大変リズミカルで聞いていて飽きがなく、大人である私も、家にあるCD(イギリスの詩を読んでみよう NHK出版の付属品)を毎日聞いていても飽きない。

このブログのタイトル。
「An Elegy on the Death and Burial of Cock Robin」は、この詩の原題です。

もくじ  3kaku_s_L.png hanycafe
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 日記
  • 【132ページ】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 
  • 【132ページ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。